アンテナ井尻からのお知らせ | 九州最大級の爬虫類展示即売イベント九州爬虫類フェス

アンテナ井尻 > お知らせ一覧 > 新入荷のお知らせ(R3.6.19〜6.24)

新入荷のお知らせ(R3.6.19〜6.24)

2021/06/20(日)
お求めやすくなりました!
ブラウンバシリスク

水面を走ることで有名な南米の半水棲イグアナ。
頭、胴、尾のクレストがバチバチに伸びる姿とその体躯から、少し前まで至高のバシリスクとされていた本種。
最近は価格もすっかり落ち着いてお求めやすくなりましたが、グリーンのようにコンスタントにCBが流通しているわけではないのでいつまでこの状況が続くかはわかりません。
なんとなーーくペアっぽい2頭が来ています!
小型トゲオイグアナ!
スベノドトゲオイグアナ

かつてはエニアリオサウルスと呼ばれていた小型のトゲオイグアナです。
フルアダルトになっても尻尾を含めて40cm程度。
小型であるがゆえに尻尾の棘の大きさが際立ち、個人的にはクテノよりも『トゲオ』らしいなと思います。
かっこいい!
安定人気の中型モニター!
マングローブモニター

イエロースポットが美しい中型モニター。
その名前の通りマングローブ林など水辺の森に棲んでおり、よく泳ぎよく登るため観察していて楽しい種類です。
シラスじゃないよヤモリだよ!
サハラカワラヤモリ

とにかく小さな地表性ヤモリ。
りっぱな大人サイズが入荷しています(これで) 
こういうのは多頭飼育でわらわら飼うのが醍醐味じゃないかなと個人的には思います。
放射模様が綺麗!
アダンソンハコヨコクビガメ

トゥルカナと並ぶ美麗種のアダンソン。
頭部の虫食い模様と背甲の放射模様が非常にキレイです。
小型のヨコクビガメで、おおよそ15cm程度というのも嬉しいポイント。
ヘビ界の平井堅!
モンペリエヘビ

200cm程度とやや大型になるナミヘビです。
眼の上がせり出しており、その眉高で厳つい顔が特徴的。
キールのあるザラついた鱗もかっこいいですね。
※後牙類
鳥顔のイケメン!
モイラヘビ

眼球が大きく、やや尖った顔がどことなく鳥を思わせる特徴的なナミヘビ。
コブラダマシとも呼ばれる通り、興奮したときにはフードを拡げて威嚇することも。
※後牙類
北部個体群!
クチベニヘビ

口周りが赤くなるためクチベニヘビ。…の、赤ではなく白くなるアフリカ北部の地域個体群です。
口紅とは。
一見地味に見えますが、鱗の光沢が美しく、特に頭部は青い輝きが強く出ておりなかなか美しいです。
おっとりした正確なのも嬉しい。
※後牙類
とっとこ走るよ!
セネガルガエル

地表性のクサガエル。
焦ったときこそ跳ねますが、基本的には低い姿勢でとっとこ走り回るタイプです。
金色のストライプもお洒落!
人気の肉食甲虫!
イエロースポットプレデタービートル

毎度即完売してしまうプレデタービートルですが、今回はイエロースポットが入荷しました。
__________

井尻店のSNSフォローお願いします!
(Instagram始めました)

Twitter

Instagram